アニメ・コミック

2007年5月18日 (金)

わかりやすく妹で言うと・・・メイドで幼なじみで獣人で触手!

本ブログの注釈です。本文が蛇足なのでメタ蛇足だ(笑

■鈴城芹『看板娘はさしおさえ』(芳文社、2006-)

「早潮質店」の看板娘の小絵が、赤地に白で名前を書く、という一発ネタから、だんだんキャラが増え、かつネタがマニアックになる、という、『きらら』系の4コマに典型的なパターンで進行してます。いや好きなんですけどね(笑

そういえばこのマンガにも、さりげなくプロレスネタが挟まれてます。それは多分不知火違いだ(笑

#ちなみに、「わかりやすく妹でいうと~」は『百合星人ナオコサン』1巻62頁。

『きらら』系のマンガといえば、この間のコミティアで、太田虎一郎さんの『かるき戦線』の2巻が同人で売っててびっくりしました。良いマンガなのに・・・。

■なかせよしみさん(まるちぷるCAFE)

『でもくらちゃん』シリーズは絶品だと思います・・・あ、何の説明にもなってないや(笑

■メイド喫茶

いや、本当に行ったことないのですよ。なんかタイミングを逸してしまったというか・・・こんなことなら『ゲーマーズ』にあったときに行っておけばよかった(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

アニメ・コミック | 注釈